calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

【PR記事 茨城県小美玉市】 見た目には、ラブホそのまんまのホテル「ファミリーイン茨城」。子づくりが終わったら、子連れでどうぞ(笑)。

【PR記事 2017.07.03 茨城県小美玉市】
見た目には、ラブホそのまんまのホテル「ファミリーイン茨城」。子づくりが終わったら、子連れでどうぞ(笑)。


ラブホからビジホへの転用。その波は郊外のラブホにも?
このサイトでも何度か取り上げてはいるのだが、近年、かつてのラブホテルをビジネスホテルに「転用」する例がジワジワと増えている。

こうした「転用組」のホテルは、どちらかと言えばマチナカの繁華街などにあるラブホを改修したものが多い。

こうしたマチナカのラブホは、ギラギラした外観など、気になってしょうがない?部分はあるのだが、広い範疇の「ホテル」という点では、比較的転用し易いハコモノだった、と言えるだろう。

しかし、郊外の幹線道路沿いなどに建つ、低層のモーテル風のラブホとなると、あまりにも「そのまんま」な立地と特殊な形状ゆえに、普通に考えたら、ビジホへの転用はちょっと無理?に思えたりする。。。

 

 

広い客室と浴室。雰囲気に抵抗が無ければ?お買い得な宿?
しかし、ココ小美玉市には、まさに
低層のモーテル風のラブホそのまんまの形状の「転用組」が存在した。

2016年9月にオープンしたファミリーイン茨城がそれである。

宿が建っている場所は、茨城県を南北に縦断する主要幹線・国道8号線から、ちょっとだけ脇に入ったところ。

水戸からは車で20分ほどの距離だが、場所的にもハコモノ的にも、いかにも郊外型のラブホ?そのまんまなのである。

館内についても、ギラギラした?廊下や客室は、やはりラブホの名残が。。。

しかし、一般的なビジネスホテルに比べたら客室や浴室は広く、「ファミリーイン」を名乗るだけあって、家族連れもターゲットにしている様子。

まあ、家族連れには正直、抵抗がある雰囲気だとは思うが、子づくり?でラブホを利用した人も、今度は子ども連れでファミリーインをどうぞ(笑)。

                          By 旅の小坊主
予約・問い合わせは
ファミリーイン茨城


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


| 1/33PAGES | >>