calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

【PR記事 茨城県結城市】 結城と言えば「結城紬」。工房では「織り」や「染め」を体験、着心地体験では自らが「景観の一部」に。

【PR記事 2017.10.12 茨城県結城市】
結城と言えば「結城紬」。工房では「織り」や「染め」を体験、着心地体験では自らが「景観の一部」に。


市内には「織り」「染め」の体験可能施設が多数。

今さらながら、結城市と言えば、「結城紬」で知られている場所。

人口5万人ほどの小さなまちだが、鎌倉時代には既に城下町の基礎が形成されており、実は江戸よりも古いまちだったりする。

現在、「結城紬」と呼ばれている高級絹織物は、その歴史はさらに古く、奈良時代にまで遡るらしい。

近年、この国では「産業観光」がちょっとしたブームになっているが、結城市内には、結城紬の織り・染めを体験できる場所が多数ある。

体験が可能な場所は、観光パンフレットに記載されているだけでも、結城市伝統工芸館体験工房「紬の里」つむぎの館本場結城紬「郷土館」、手織工房いのせ、手作り工房「里」があり、何れも事前に予約すれば、織り・染めなどの体験が可能だ。

 

(ツーリズムEXPO配布パンフレットより)

 

結城紬を実際に着用し、見世蔵や七福神を散策。
また、JR結城駅前のゆうき紬着付け処「着楽」では、土日限定ながらも、「着心地体験」なんてのも行われている。

ホンモノの結城紬を着て、まちを歩いてもらおうというものだ。

結城駅前周辺は風情のある街並みではないが、少し歩けば、古い蔵が並ぶ「見世蔵」巡りや、結城七福神巡り、蕪村の句碑巡りなどが楽しめる。

結城紬を身にまとって散策すれば、自らも「景観の一部」。

コスプレ趣味が無くても?結構面白い体験ができるかも知れない。

なお、結城市内の宿では、駅の近くに定番のルートインなどがあるが、やや郊外にある割烹のやど 結城ガーデンあたりがお勧め。

詳細は飛び先を見て頂きたいが、これが結構?個性的な宿だったりする。

結城市に訪れる際はぜひ。。。

                          By 旅の小坊主
宿泊予約は
結城駅 周辺のホテル・旅館

割烹のやど 結城ガーデン


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


| 1/35PAGES | >>