calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

【PR記事 新潟県糸魚川市】 日本海側最大の難所「親不知」に建つ「親不知観光ホテル」。列島縦断系のトホダー、チャリダーにとっては地獄に仏?

【PR記事 2020.02.25 新潟県糸魚川市】
日本海側最大の難所「親不知」に建つ「親不知観光ホテル」。列島縦断系のトホダー、チャリダーにとっては地獄に仏?

 

本州徒歩縦断、この道は歩きたい。

かれこれ20〜30年ほど前の話になってしまうが、東京から青森、東京から関門海峡、東京から直江津と、何度かに分けて本州を徒歩で縦断・横断したことがある。

今となっては若き日の思い出。。。なのだが、「元 炎の列島縦断トホダー」としては当時、どうしても歩き切りたかった別のルートがあった。

それは大阪・京都からひたすら日本海側を通り、青森へ至る道だ。

東北の日本海側の港町で生まれ育った自分には、故郷につながる道でもある。

そしてこの長い長い道で、間違いなく「最大の難所」となるのは、富山県と新潟県の県境付近に立ちはだかる「親不知」であろう。

 

 

トホダー、チャリダー憧れの?難所。

「親不知」とは、ご承知のとおり、海の間近まで迫る断崖絶壁が延々と続く、恐ろしい道だ。

これだけ過酷な?場所ながらも、日本海側を縦断する大動脈に位置するとあって、国道や高速道路、鉄道の在来線や新幹線が折り重なるように走っている。

ただでさえ寒々しい、荒涼たる景観なうえに、かなりの部分でトンネルを潜ることになるこの区間は、トホダー(チャリダーもそうだろうけど)にとっては、まさに決死の覚悟が要る難所である。

ここを歩き切り、平坦地にたどり着いた際の安堵感は、ナニモノにも代えがたい経験になるだろう。

嗚呼っ!歩きてぇ〜!

 

 

「親不知」駅からは送迎もあり。

しかし、地獄に仏、断崖絶壁にオアシス?ではないが、この親不知にも、トホダーにとっては命をつなぐ?山小屋のような宿があるのを御存じだろうか。

国道8号線の長いトンネルとトンネルの間にあり、ほんのわずかな区間だけ海を望む高台に建つ、親不知観光ホテルがそれである。

一見すると古びた病院のような味気ない建物だが、夕食にはお約束どおり?の新鮮な魚介が並ぶ。

そして何より、場所が場所だけに、客室や大浴場から望む断崖絶壁の日本海は、恐ろしいほど?素晴らしい。

ちなみにこの宿、えちごトキめき鉄道「親不知」駅からは車で8分、事前に予約すれば送迎もある。

果敢に日本海ルートの徒歩縦断に挑む人も、マイカーや送迎でちゃちゃっと訪れる人もぜひ。。。

                    by 元 炎の列島縦断トホダー
宿泊予約は

親不知観光ホテル


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


| 1/46PAGES | >>