calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

【PR記事 新潟県長岡市】 数奇な?運命をたどり、現在に至る「長岡グランドホテル」。今や、長岡の新名所「アオーレ」直結のシティホテル。

【PR記事 2018.08.17 新潟県長岡市】
数奇な?運命をたどり、現在に至る「長岡グランドホテル」
。今や、長岡の新名所「アオーレ」直結のシティホテル。

 

JR長岡駅より直結、長岡の新名所?「アオーレ」。
2012年、JR長岡駅大手口を出てすぐの場所に、今や全国的にも有名になった?複合施設「長岡市シティプラザアオーレ」がオープンした

この施設、一度は長岡の「都心」から郊外へ移転した市役所の本庁舎を呼び戻すと同時に、アリーナや市民ホールも併設したもの。

施設の中央部分には、大きな吹き抜けのような空間「ナカドマ」が広がり、今や長岡を象徴する景観のひとつとなった。

なおこの施設、JR長岡駅からは完全屋根付きのペデストリアンデッキで直結されており、駅からほぼ棟続き?のようにも思える建物内で、いきなり眼の前に広がる「ナカドマ」の存在に、あっと驚かされることになる。

 

 

紆余曲折?を経て現在に至る、異色のシティホテル。

さて、アオーレの隣接地に長岡グランドホテルというシティホテルがある。

このホテル、もともとは1981年に長岡市と地元金融機関などが出資した第3セクターによるものだった。

開業当初は「ホテルサンルート長岡」と称していたが、1988年に本格的なシティホテルとしてリブランド?すべく、「長岡グランドホテル」へと改称。

その後はしばらく、サンルートホテルチェーンに属しながらも、「サンルート」の名称を使用しないホテルとして異彩を放っていたが、近年になって「長岡グランドホテル」の名称のまま、BBHホテルチェーンへと鞍替え?している。

 

 

客室の窓はどこに?「のっぺらぼう」な外観。

個人的にはこのホテル、第三セクターのホテルとしてオープンし、サンルートホテルチェーンに属しつつもサンルートを名乗らず、気が付いたら同じ名称のまま別のホテルチェーンになっていた、という数奇な運命?を辿ってきただけでも、充分に興味を惹かれる存在だ。

しかし、このホテルの数奇な魅力?はそれだけではない。

ホテルのオリジナルサイトや宿泊予約サイトの写真を見れば分かるが、その建物の外観は、市民会館や文化ホールのように「のっぺらぼう」で、板チョコ状に多数の窓が並ぶ「ホテルらしい」外観写真を殆ど見ないのである。

もちろん「シティホテル」なので、低層階部分については、宴会場やホールなど「のっぺらぼう」な建築物があっても不思議ではない。

しかしそれでも、客室は何処に?と思ってしまう。

 

 

駅からアオーレを介して、ホテルの「裏口」へ直結?

しかもこのホテル、「のっぺらぼう」である以前に、そもそもその全体像というか、外観自体を「発見」し難いのだ。

このホテルがオープンしたのは、アオーレがオープンするよりもかなり以前なのだが、今や、アオーレの一画に飲み込まれてしまったような感じなのである。

駅からホテルに至るには、JR長岡駅から屋根付きのペデストリアンデッキを通り、アオーレの「ナカドマ」をかすめ、アリーナを横目に「裏口」のような階段を降り、アオーレに対してお尻を向けたような一画から入ることになる。

ほぼ駅前の一等地に立地し、しかもフルサービスを提供するシティホテルであるにもかかわらず、見た目にはその存在感は薄い。

 

 

「郷土色」を織り交ぜた朝食バイキング。

さて、この日はこのホテルで朝食をとることにした。

料金は1,350円、ありがちな和洋バイキングである

品数はそれぼど多くはなく、シェフが眼の前でつくる「卵料理」といったシティホテルならではのサービスも無い。

メニューのうち、「和」については全体的に味付けが濃く、あまり口に合わなかったが、小千谷の「へぎそば」や、栃尾の「油揚げ」など、郷土色を打ち出したメニューについては「それなり」に美味しかった。

まあ、このホテルに関しては、メシが美味いか否か、客室が快適か否か、というよりは、前述したこのホテルが持つ数奇な運命?の方に魅力を感じていたので、ココで朝食をとった、というだけで満足してしまったのである(笑)。

長岡でのお泊りの際にはぜひ。。。とまあ、言っておこうか。

                          By まちおこし編集長
宿泊予約は
長岡グランドホテル


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


| 1/39PAGES | >>