calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

【PR記事 北海道札幌市】 自宅でUCCの「旅カフェ ご当地珈琲めぐり」を飲んでみた。(3)札幌編〜 8都市の中では仙台に次いで「ストロングで苦い」のが札幌?

【PR記事 2019.12.04 北海道札幌市】
自宅でUCCの「
旅カフェ ご当地珈琲めぐり」を飲んでみた。(3)札幌編〜 8都市の中では仙台に次いで「ストロングで苦い」のが札幌?

 

ある意味、コーヒーらしいコーヒー?
今回は、昨日の広島編に引き続き、全国主要8都市の特徴的な珈琲を詰め合わせにしたUCCのドリップパック「旅カフェ ご当地珈琲めぐり」の札幌編。

この札幌編、前回までの博多編・広島編とは打って変わり、ストロング⇔ライトの区分では、大きくストロングに振れている。

8都市の中では、仙台に次いで2番目にストロングだ。

苦味⇔酸味については、仙台・博多に次いで苦味が強い。

つまり、全体的にはストロングで苦い、ある意味コーヒーらしいコーヒー?ということになる。

 

 

一煎目だけでなく、二番煎じ・三番煎じもぜひ(笑)。

実際、飲んでみると、香りの広がり方などについては、さすがにこれがドリップパックの限界か?という部分はあるものの、概ね説明書どおりといった感じ。

ただ、札幌に関しては昨今、札幌の有名コーヒー店「森彦」監修によるAGFの「森彦の時間」のインパクトが強過ぎたせいか?むしろあっさりとした味、という印象を受けた。

なお当方では、ハンドドリップでもドリップパックでも、1度淹れたフィルターで二番煎じ・三番煎じ以上も出している(邪道と言えば邪道だが)。

こちらは当然、全体的に味は薄くなるものの、一煎目の苦味が丸〜く取れて、ほんのりとした豆の甘さを楽しむことができる。

出がらしのコーヒーもぜひ(笑)。

                          By まちおこし編集長
この商品は楽天市場で購入できます
UCC 旅カフェ ご当地珈琲めぐり


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


| 1/54PAGES | >>