calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

categories

archives

【PR記事 愛知県豊田市】 さすが豊田市?世界のトヨタと名鉄がコラボ、「豊田市」駅前には西三河随一のシティホテル「名鉄トヨタホテル」がある。

【PR記事 2017.12.21 愛知県豊田市】
さすが豊田市?世界のトヨタと名鉄がコラボ、「豊田市」駅前には西三河随一のシティホテル「名鉄トヨタホテル」がある。


豊田市は、クルマのまち?鉄道のまち?
愛知県豊田市と言えば、「世界のトヨタ」のお膝元だけに、「クルマのまち」というイメージが強いかも知れない。

しかし、名鉄「豊田市」駅、または愛知環状鉄道「新豊田」駅に降り立てば、人口40万人超、同じ人口規模の中核都市と何ら変わらない風景が広がっている、

むしろ、「豊田市」「新豊田」両駅に挟まれた、比較的狭い一画に百貨店などの商業施設が凝縮して立ち並ぶ姿からは、「クルマのまち」というよりも「鉄道のまち」といった印象さえ受けるかも知れない。

そして、そんな「豊田市」駅東口のほぼ真ん前には、再開発によって誕生した名鉄トヨタホテルが建っている。

 


オール豊田体制?で誕生したシティホテル。
このホテル、その運営主体は、名鉄やトヨタ自動車、豊田市などが出資する「株式会社名鉄トヨタホテル」だ。

言わばオール豊田体制?による、市を代表するシティホテルである。

客室数は99室と、建物の大きさ?の割には少ない気もするが、館内には複数のレストランや結婚式場、宴会場などがあり、その規模は西三河地区では最大級だったりもする。

客室はシングルで18屐7,500円〜(2017年12月21日現在)とあり、いわゆる宿泊特化型のビジネスホテルよりもワンランク上っぽい。

なお、道路を挟んで名鉄の高架に接する立地については、「トレインビュー万歳派」と「うるさい派」(笑)に分かれている感じ。

意外な「鉄道のまち豊田」を堪能したい人はぜひ。。。

                           By 旅の小坊主
宿泊予約は
名鉄トヨタホテル


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   

| 1/36PAGES | >>