calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

【PR記事 島根県出雲市】 高床式の古代建築に泊まり、古代着の貫頭衣をまとい、古代食を堪能!古代体験づくめの「湯の川温泉 松園」が凄すぎるという噂。

【PR記事 2017.09.28 島根県出雲市】
高床式の古代建築に泊まり、古代着の貫頭衣をまとい、古代食を堪能!古代体験づくめの「湯の川温泉 松園」が凄すぎるという噂。

 

荘原駅より徒歩5分、出雲空港より車で5分。アクセス良好な日本三大美人の湯。
「普通の温泉旅館にはもう飽きた。。。」

そんな人に、どうしても押し売り?してみたくなる宿を発見した(笑)。

出雲市郊外にある、湯の川温泉 松園がそれである。

この湯の川温泉というところ、日本三大美人の湯とされている温泉だ(まあ、この種の三大〇〇には色々と異論もありそうだが)。

宿がある場所は、山陰本線の荘原駅から徒歩5分、出雲空港からも車で5分ほどで、思いのほか、足の便は悪くない。

まあ、湯の川温泉自体は強烈に変わった温泉街ではないのだが、この宿は強烈に変わっている。。。

 

 

文献を頼りに、5時間をかけて牛乳を煮詰めた「蘇」など、古代食を再現。

まず、何が変わっているかと言えば、その建物だ。

見てのとおり、高床式の古代建築なのである。

これとは別に、一般的な客室もあるのだが、そちらについても、そこかしこで古代テイスト?が溢れている。

食事もまた、普通ではない(笑)。

建物同様、文献を頼りに、5時間かけて牛乳を煮詰めていく「蘇」といった古代食を再現し、現代人の好みに合うよう、アレンジしたというのだ。

さらに、古代食プランを予約した人は、古代の服「貫頭衣」も体験できる。

まあ、全体的な設備的については、さすがに現代風になっているところもあるのだが、「普通の温泉旅館にはもう飽きた、なりきり古代人?を体験してみたい!」という人にはお勧めの宿であることに間違いは無いであろう。

                           By 旅の小坊主
宿泊予約は
湯の川温泉 松園

 

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   


| 1/35PAGES | >>