calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

【PR記事 長崎県時津町】 大村湾をショートカットする空港アクセス航路「長崎空港〜時津航路」。便利と言うよりは「面白い」かも。

【PR記事 2019.09.06 長崎県時津町】
大村湾をショートカットする空港アクセス航路「長崎空港〜時津航路」。便利と言うよりは「面白い」かも。

 

リムジンバスは、陸路をぐるりと遠回り。
今さらながら、1975年に開港した長崎空港は、大村湾に浮かぶ箕島を開発した、日本初の海上空港である。

もちろん、島を開発した、とは言っても、開港当時から対岸の大村市とは橋で繋がっているので、決して「離島」の空港ではない。

ただ、長崎市側から見ると、この空港が橋で繋がっているのは、大村湾を挟んだ「対岸」彼方だ。

当然、空港と長崎市内を結ぶリムジンバスは、「対岸」からぐるりと遠回りして走る必要がある。

そこで重宝されてきたのが、長崎市のすぐ北隣り・時津町から大村湾をショートカットして空港へ直行する安田産業汽船の航路だ。

 

 

航路は1日15往復、そこに至るバスも便利?

もっとも昨今は高速道路の整備が進んだこともあり、「遠回り」のリムジンバスでも、空港から長崎市内までは最速35分程度で結ばれている。

乗り換えなどの手間を考えると、空港から長崎市の中心部まで行くのであれば、現在ではわざわざ航路を利用するメリットはあまり無い。

とは言え、空港から時津町や長崎市の北部へ向かうのであれば、長崎空港〜時津航路はまだまだ便利なルートである。

この航路、2019年9月06日現在、1日15往復が運航されていて、乗船時間は25分だ。

長崎空港では、乗船場まで長〜い屋根付きの通を通ることになる。

一方、時津港はやや歩いた場所に時津港入口というバス停があり、ココから長崎駅までは一般の路線バスで30分ほど。

本数は日中でも15分おきに走っており、今時の地方の路線バスという点では、かなり便利?な方だろう。

 

 

船内の雰囲気は、大型の水上タクシー?

さてこの日は、長崎市内ではなく、時津町・長与町での所用があったため、時津港からこの航路で長崎空港まで向かった。

時津港の乗船場前には、時津ヤスダオーシャンホテルという、船会社直系のホテルがあり、1階フロント・ロビーは待合室と乗船券売り場を兼ねている。

ちなみに、このホテルのボリューミーな食事?と町内にある一風変わった珈琲焙煎所のネタはコチラ

乗船時間になると、なんとも簡素で殺風景な船着き場に停泊していた、やや古びた船に案内された。

船内はクルージングを楽しむ?と言うよりは、大型の水上タクシーで事務的に移動?といった雰囲気。

25分の乗船時間はあっという間で、空港島のさいはて?のような船着き場に接岸、屋根付きの通路を延々と歩き、空港ターミナルにたどり着く。

感想から言えば、便利だった、と言うよりは「面白かった」。

リムジンバスという「普通の空港アクセス」に飽きた?という人はぜひ。。。

                          By まちおこし編集長
航空券の購入は
skyticket 長崎空港発着最安値検索

宿泊予約は

時津ヤスダオーシャンホテル


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    


| 1/44PAGES | >>