calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

【PR記事 岩手県北上市】ホテルと言うよりは寄宿舎?ホテル激戦区の北上市で3つのホテルを運営する東陵総業。そのビジネスモデルとは?

【PR記事 2017.11.02 岩手県北上市】
ホテルと言うよりは寄宿舎?ホテル激戦区の北上市で3つのホテルを運営する東陵総業。そのビジネスモデルとは?


北上市故に旺盛な「男子型のホテル需要」。
このサイトでは既に何度か取り上げてはいるのだが、ココ北上市は相変わらず「ホテル激戦区」だ。

全国チェーンから地元系のローカルなホテルまで、本格的なシティホテルからカプセルホテルまで、人口規模を考えたら異常なくらい選択肢が豊富なのである。

その旺盛な「需要」を支えているのは、観光客ではなく、この地に多数立地している「進出企業」であろう。

県内随一の工業都市ということもあり、「男子型のホテル需要」は間違いなく多そうなのである。

そしてこのまちには、そんな「需要層」を象徴するようなホテルチェーンがあった。

 

 

北上市内で寄宿舎?のようなホテルを3つ運営。
そのホテルチェーンとは、東陵総業という、もともとはビルメンテナンス中心の会社。

本社は釜石市にあるが、北上市内ではグループ会社によるものも含め、3つのホテルを運営している。

その旗艦店とも言えるのが、工業団地内にあるフラワーホテルだ。

このホテル、名称はなんとも女性的だが、基本的には建設従事者や単身赴任者向けの「長期滞在型ホテル」なのである。

確かに、大浴場や和室があり、レストランではランチや弁当も販売しているなど、ホテルというようりは寄宿舎?に近い雰囲気だ。

また、近隣には競技場などもあるため、スポーツ系の団体利用も多いらしい。

 

 

セットで儲かる?ホテル事業と人材派遣事業。
寄宿舎に近い雰囲気という点では、同チェーンが北上駅近くで運営している北上パンションホテルホテル白百合は、さらにその毛色が強い。

とくに北上パンションホテルは、見た目にもホテルと言うよりは、社宅か寮そのものなのである。

もちろん、何れのホテルも、長期滞在専用ではないので、1泊から泊まることも可能だ。

なんと言うか、「ちょっと小綺麗な飯場」に紛れ込んだような面白い体験ができるかも(笑)。

なお、この東陵総業という会社、人材派遣事業も手掛けている。

ホテル事業はどうやら、彼らの「寝床」を確保するという機能も果たしているらしい。

普通のビジネスホテルにはもう飽きた、一風変わった寄宿舎?に泊まってみたいという人はぜひ。。。

                       by まちおこし編集長
予約・問い合わせは
フラワーホテル

北上パンションホテル

ホテル白百合

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   


| 1/35PAGES | >>