calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

【PR記事 岩手県盛岡市】 かつて?サイクリングターミナルだった「つどいの森・こもれびの宿」は、チャリダーじゃなくても普通にお安く泊まれる公共の宿になっていた。

【PR記事 2018.10.30 岩手県盛岡市】
かつて?サイクリングターミナルだった「つどいの森・こもれびの宿」は、チャリダーじゃなくても普通にお安く泊まれる公共の宿になっていた。


カッコ書きには(サイクリングターミナル)とあるのだが。。。
盛岡市郊外、旧都南村の山間に、つどいの森・こもれびの宿という、いかにも公共の宿といった感じの宿泊施設がある。

この宿、宿名の後ろに(盛岡市都南サイクリングターミナル)というカッコ書きがあるのだが、2018年10月30日現在、JCA(財団法人日本サイクリング協会)のHPを見る限り、全国に14ヵ所ある「サイクリングターミナル」には名を連ねていない。

どうやら、「つどいの森・こもれびの宿」という施設名は、盛岡市都南サイクリングターミナルのサブネームではなく、団体からは脱退?した宿らしいのである。

ただ、かつてのサイクリングターミナルには、それなりに知名度があったため、その後釜?であることを明記したい、ということのようだ。

 

 

「車」で移動する人には、「普通にお買い得」な公共の宿?
もっとも、この宿が建っている場所は、市街地からも幹線道路からも離れた、ほぼ行き止まりの山中で、少なくとも「列島縦断系」のチャリダーがその道中で立ち寄れる、という感じではない。

どちらかと言えば、盛岡市民のためのレクリエーション施設の中にある合宿所?のような宿なのである。

さて、宿の中身はどんな感じか言うと、スタンダードな和室・洋室に大浴場という、まあ、「普通の公共の宿」といったところ。

宿泊プランは、素泊まり・朝食のみ・夕食のみ・2食付きがあり、この種の宿としては「まあまあ」の食事が提供される。

もはや、チャリダー向けのプランやサービスは見当たらないが、宿泊料金は「それなりに」安く、クルマで移動する人にとっては、「まずまず」お買い得な宿といったところ。

自転車に乗る人も乗らない人もぜひ。。。

                    by 元 炎の列島縦断トホダー

宿泊予約は
つどいの森・こもれびの宿


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   


| 1/40PAGES | >>