calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

【PR記事 宮城県登米市】 ルートインであってルートインでない?震災復興系の「ホテルルートイン登米」。シングルは全室アウトバス、2食付きプランなら殆ど「寄宿舎」?

【PR記事 2018.12.06 宮城県登米市】
ルートインであってルートインでない?震災復興系の「ホテルルートイン登米」。シングルは全室アウトバス、2食付きプランなら殆ど「寄宿舎」状態?

 

見た目も中身も、ホテルと言うよりは寄宿舎?
2011年の東日本大震災以降、被災地周辺では「震災復興系」のホテルが相次いてオープンしたことをご存知だろうか?

これらの宿泊施設は、主に復興工事などに携わる長期滞在者向けのもの。

建物は低層の比較的簡素な構造で、館内には朝夕2食を提供するレストラン、場合によっては大浴場を完備している点が特徴となっている。

つまり、見た目も中身も、「寄宿舎」のようなホテルだ。

とは言え、「長期滞在者専用」というワケではなく、宿泊予約サイトなどで普通に1泊から予約できる、普通に泊れるホテルなのである。2014年にオープンしたホテルルートイン登米も、そんな典型的な復興支援系のホテルのひとつ。

 


その立地は一応、登米市の中心らしき一画。
ルートインと言えば、日本全国、どこへ行っても殆ど同じ外観・内装・サービスという、「金太郎飴型」のホテルチェーンなのだが、ここ登米のルートインは明らかに「別物」だ。

建物の外観は通常のルートインでは考えられないような「低層の寄宿舎型」だし、大浴場があるとは言え、シングルは全室がアウトバス(トイレはあり)なのである。

ただし、バススペースが無い分、客室は広い。

レストラン自体は「一般的なルートイン」と大差無いものの、2食付きの宿泊プランが多い点ではやはり「一般的」ではないのである。

ちなみに、このホテルが建っている佐沼地区は、平成の大合併で誕生した登米市の市役所があり、一応、中心市街地が形成されている場所。

ルートインの金太郎飴っぷりに飽きた?という人はぜひ。。。

                          By 旅の小坊主
宿泊予約は
ホテルルートイン登米


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   


| 1/40PAGES | >>