calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

【PR記事 徳島県美波町】 今や町おこしの聖地?美波町日和佐。無料の「善人宿」もいいけど、普通の宿にも泊まろうよ。

【PR記事 2014.09.30 徳島県美波町】
今や町おこしの聖地?美波町日和佐。無料の「善人宿」もいいけど、普通の宿にも泊まろうよ。

 

知る人ぞ知る謎の宿泊施設?「善人宿」。
かれこれ20年近く前、お遍路さんでもないのに、2週間ほど四国を歩いて旅したことがある。
その道中、徳島県の日和佐町(現在の美波町日和佐)で、善人宿というものに初めて泊まった。
善人宿とは、お遍路さんを無料で泊めてくれる、ありがた〜いお接待宿のこと。
四国へ渡るまで、その存在すら知らなかったのだが、地元の人に道すがら教えてもらったこの日の宿は、日和佐駅の裏手にあるドライブインの隅にあった。
マイクロバスを改装した簡素な施設ながらも、随分と豪勢な?食事が振る舞われたと記憶している。
自分はいわゆる「お遍路さん」ではなかったのだが、この旅で出会った人は全て、見ず知らずの旅人にやさしかった。 



町おこしでヒットを連発?普通の宿にも泊まってみよう。

さて、この日和佐町(現美波町)というところ、ウミガメによる町おこしや漁村留学などの成功で全国的に知られるところとなった。
ここ近年でも、東京のIT系企業が進出、あらたに「町おこし会社」を設立し、かつての銭湯をコミュニティスペースとしてリニューアルオープンするなど、まちおこし系の話題には事欠かなかったりする。
よってこの町には、「善人宿」でお世話になった思い出も含め、興味・関心が付きないのである。
ただし、世話になりっ放しではさすがに申し訳ない(笑)。
次回訪れる際は、美波町の宿に「泊まり客」として投宿し、じっくりこの町を見てみたい、と思ったりした。


予約は
美波町の宿

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック