calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

【PR記事 山形県鶴岡市】 今さらながら、これぞニッポンの温泉ホテルの原型?湯野浜温泉の「ホテル福住」。

【PR記事 2015.02.02 山形県鶴岡市】
今さらながら、これぞニッポンの温泉ホテルの原型?湯野浜温泉の「ホテル福住」。

庄内で客人を泊めるとしたら、とりあえず湯野浜温泉?

湯野浜温泉と言えば、日本海に面して中高層の温泉ホテルが建ち並ぶ、庄内地方随一の温泉街。
地元民の利用も多く、鶴岡・酒田で遠方から親戚縁者が庄内を訪れた際、自宅以外で泊める宿は、だいたいココの宿だったりする。
かく言う自分も子供の頃、遠方から親戚が訪れたとき、家族と一緒に湯野浜温泉の
ホテル福住という宿に泊まったことがある。
当時は、建ち並ぶ他の温泉ホテルに比べ、なんだかちっちゃくてショボ宿だなぁ〜、と子供心に思ったりもしたのだが、今にして思えば、あの宿は「ニッポンの海が見える温泉ホテル」の原型そのものだった。

 



食餌は部屋出し、温泉は掛け流し、布団はちゃんと敷く。。。

温泉ホテルの原型・・・
昨今の温泉ホテルでは、夕食・朝食とも、宴会場でのバイキングやら、個室の食事処やらで出すところが随分と増えてきたが、この宿では夕食・朝食ともあくまでも部屋出し。

客室は全室が日本海を望むシンブルな和室で、布団出し・撤収ともにセルフサービスなんかじゃない。
温泉はしっかりと掛け流しなのである。
な〜んだ、当たり前の普通の温泉ホテルじゃないか?と言われてしまえばそれまでだが、この古びたスタイル?はやっぱりニッポンの温泉ホテルの基本なのである。
ちなみに料理なのだが、メインとなる海の幸・山の幸よりも、ついでに?セットされていた「蕎麦」が強烈に美味かったと記憶している。
まあ、このへんについては、季節の食材や個人の好みもあるので参考までに。。。
もう一度、ベーシックな?温泉ホテルに泊まってみたい、という人はぜひ。

予約・問い合わせは

ホテル福住
 
広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック