calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

categories

archives

【PR記事 香川県宇多津町】 なぜか現代アートのように美しい?古民家を改修した貸切宿「古街の家」が結構凄いという噂。

【PR記事 2015.06.16 香川県宇多津町】
なぜか現代アートのように美しい?古民家を改修した借切宿「古街の家」が結構凄いという噂。

 

宇多津はニュータウン?いや、古い街並みもあります。
近年の香川県宇多津町と言えば、瀬戸大橋の四国側の玄関口にあり、坂出と丸亀に挟まれ、マンションやホテル、商業施設などが建ち並ぶニュータウン、というイメージが強い(とくにヨソモノからすれば)。
ところがどっこい、駅を挟んだ反対側には、思いのほか、古くからの街並みが残っていたりする。
そんな古くからある街並みの一画に、あっと驚くような?宿を発見した。
町家を改修した借切宿
古街の家」がそれである。
京都以外で、ここまで本格的な?町家を改修した貸切宿は珍しい。




土間のダイニング、ウッドデッキ付きの檜風呂・・・
もちろん、京都以外でも、この種の宿は皆無ではないのだが、この宿が目を引くのは、ビジュアル的な「美しさ」である。
客室となる建物は、いかにも町家といった感じの「臨水」と、レトロモダン?な感じの「背山」の2棟。
臨水の「土間のダイニング」や、「背山」の板張りのリビング・ダイニング、そして「背山」のウッドデッキ付きの檜風呂は、まさに「絵に描いたような美しさ」だ。
いずれもしっかりと「古民家」なのだが、なぜか現代アートのような雰囲気。。。
1〜2人でも泊まることも可能だが、とくに6人までのグループの方はぜひ。


予約・問い合わせは
古街の家

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック