calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

【PR記事 愛知県豊田市】 名鉄豊田駅よりバスで60分、ニッポン古来の山芋「自然薯(じねんじょ)」料理がたらふく食べられる「勇屋旅館」。

【PR記事 2015.12.04 愛知県豊田市】
名鉄豊田駅よりバスで60分、ニッポン古来の山芋「自然薯(じねんじょ)」料理がたらふく食べられる「勇屋別館」。


とんがった食材や料理のピーポイントな宿が人気?
昨今、特定の珍しい料理や食材に的を絞ったピーポイントな宿?がなかなかの人気らしい。
もちろん、○○蟹だとか、○○牛だとか、もともと人気が高く、需要も多い鉄板系?の料理も悪くないが、旅人とは往々にして、希少性というか、「異体験」を求めるものである。
そこで気になったのが、自然薯(じねんじょ)という食材。
いわゆる山芋の一種なのだが、外来種ではなく、ニッポン古来からの品種を「自然薯」「自然生(じねんしょう)」と呼ぶらしい。
そんな中、ココ豊田市の山深い一画に、この「自然薯料理」を看板にしている宿を発見した。
名鉄豊田駅よりバスで60分の笹戸温泉に建つ
自然薯料理の宿 勇屋別館(いさみやりょかん)がそれである。

 


 

自然薯ざんまいの料理で、疲労回復に美肌効果。
宿のある笹戸温泉は、矢作川をすぐ目の前に望む、静かな田舎町。
平成の大合併で豊田市の一部となったが、世界のトヨタがある行政区の一部とは思えない、のどかな場所だ。
自然薯は、その笹戸温泉のある旧旭町の特産品。
同地の自然薯は、とくに粘りが強く、疲労回復・美肌などにも効果があるとされており、一度食べたら病みつきになるほどリピーターが多いらしい。
その自慢の自然薯料理は、自然薯鍋(ホーロク)、自然薯刺身、自然薯の「とろろ」、自然薯天ぷらなど。
ちなみにこの宿が提供する料理には、自然薯のほか、冬はしし鍋、春は山菜料理、夏は鮎料理などがある。
山深い温泉で、唯一無二?の自然薯料理をぜひ。。。


宿泊予約は

自然薯料理の宿 勇屋別館

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック