calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

【PR記事 秋田県にかほ市】 さすが漁協仲買人の宿!象潟温泉「たつみ寛洋ホテル」では、夕方のセリで仕入れたばかりの海の幸が夕食に並ぶ。

【PR記事 2016.01.18 秋田県にかほ市】
さすが漁協仲買人の宿!象潟温泉「たつみ寛洋ホテル」では、夕方のセリで仕入れたばかりの海の幸が夕食に並ぶ。

秋田の湘南?景勝地「象潟」。さて泊まるとなると。。。
今さらながら、にかほ市象潟(きさかた)と言えば、芭蕉の句などでも知られた景勝地。
このまちから約30kmほど離れた隣県のまちで生まれ育った自分からすると、象潟と言えば、小学生の頃は海水浴で、中学生の頃は写生で、高校生の頃は古文の課外学習で訪れた「親しみのある隣県のまち」なのである。
ただ、日帰り圏ということもあり、このまちに「泊まる」という発想は無かった。
まあ、秋田の湘南?とも称される景勝地には違いないけど、温泉街があるワケでもなく、わざわざ泊まってみたくなるような宿が見当たらなかった、というのが本音だったのかも知れない。

しかし今、宿泊予約サイトをみると、象潟駅より徒歩5分という場所に、なかなか面白そうな宿が掲載されてた。

象潟温泉たつみ寛洋ホテルがそれである。

 



象潟沖は、実は暖流と寒流が交差する好漁場だった。。。
この宿、何をかくそう、「秋田県漁協仲買人の宿」なのである。
象潟漁港では、小型底曳船などが早朝2〜3時頃出漁し、その日の午後3〜4時には帰港。
午後5時より「夕セリ」が始まり、そこでセリ落とした食材が、同館の夕食料理となるワケだ。
食卓に並ぶのは、岩牡蠣・アンコウ鍋・ズワイガニなど。
なお、意外に知られていないかも知れないが、象潟沖は、対馬海流の暖流とリマン海流の寒流が交差する好漁場らしい。
暖流系の魚と、寒流系の魚の両方が捕れ、魚種が豊富で、四季それぞれの旬の魚が鮮度抜群の状態で楽しめる場所なのである。
あと、象潟で温泉と言われてもピンとこなかったのだが、この宿の館内には、加温ながらもホンモノの岩風呂(象潟温泉)と、古代檜風呂(光明池温泉)の2つの温泉がある。
駅徒歩5分で天然温泉、しかも仲買人の宿ゆえの新鮮な海の幸!
コレは意外に穴場かも。。。


宿泊予約は

象潟温泉たつみ寛洋ホテル

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック