calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

【PR記事 栃木県那須町】 にっぽんの外国 北イタリア調、東京・南青山を那須に持ち込んだホテル・フロラシオン那須。

【PR記事 2010.05.10 栃木県那須町】
にっぽんの外国 北イタリア調、東京・南青山を那須に持ち込んだホテル・フロラシオン那須。


高木美保効果で、那須は軽井沢を越える?那須に登場した北イタリア調のリゾートホテル。
別荘のPR記事でしばらく前に紹介した那須だが、相変わらず「高木美保」「別荘」で検索し、当サイトへたどり着く人が多い(笑)。
そんなこともあり、最近の那須は軽井沢を越える?ニューブランドのような扱いを受けることも多いが、もともと御用邸のあったお土地柄。
そんな那須の一画に、なぜか北イタリアをモチーフにしたリゾートホテルがある。

ホテル・フロラシオン那須だ。
昨今では、日本中どこへ行っても地中海風、イタリア風の建物があるので、やや食傷気味?の感はぬぐえないが、逆にそれだけ「定番」となっているのかも知れない。
消極的に見てもエスニック過ぎて「はずれ」に当たることはないのかと。。。



 

東京・南青山を那須に持ち込む。北イタリア風でも、「和室」「露天風呂」あり。
ホテル・フロラシオンと言えば、東京・南青山にもあるのだが、確かに外観は同じようなテイストに見える。北イタリアを那須に持ち込んだ、というよりは、むしろ南青山を那須に持ち込んだ、という風にも思えた。
客室はツインで48平米。まずまずの広さだろう。

家具や調度品はイタリア調に違いないのだろうが、実は、しっかりと「和室」も用意されている(笑)共用部分には、象徴的な「暖炉」が設置されており、日本人には必須アイテムの「露天風呂」もしっかりと設置されている。
これ以上に際立った特徴がある、とは思えないのだが、定番の安心感はありそうだ。


予約・問い合わせは

ホテル・フロラシオン那須

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック