calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

【PR記事 埼玉県越生町】 旧公共の宿ゆえの贅沢過ぎる?付帯施設。宿泊客は電動自転車のレンタルが無料、大衆演劇も楽しめる「ニューサンピア埼玉おごせ」。

【PR記事 2017.06.23 埼玉県越生町】
旧公共の宿ゆえの贅沢過ぎる?付帯施設。宿泊客は電動自転車のレンタルが無料、大衆演劇も楽しめる「ニューサンピア埼玉おごせ」。

旧公共の宿は、やっぱりお買い得?

リゾート地で「お買い得」となっている宿泊施設の一種に、「かつては公共の宿だった施設」というのがある。
この種の宿は、広大な自然公園の中など、往々にして民間企業では建設が不可能な?「超好立地」だったりするし、建物自体も採算性を度外視した?立派な造りだったりするからだ。
現在の
ニューサンピア埼玉おごせ(かつての埼玉厚生年金休暇センター)も、そんな「お買い得」(と思われる)宿のひとつだろう。
場所はJR・東武「越生」駅より路線バスでで15分、越生梅林の傍らにある、緑豊かな一画。
なんとも余裕たっぷり?の敷地内には、宿泊施設のほか、プールや体育館、テニスコートやゴルフ練習場などがある。もちろん、天然温泉の大浴場や露天風呂も。
これがかつて「厚生年金の施設」だったのかと思うと、なんだか複雑な気分。。。




サイクリスト限定チャリ泊プランは消滅?したが。。。
さて、これだけだったら、ごくごく普通の「元公共の宿泊施設」なのだが、この宿にはかつて、季節限定でサイクリスト限定チャリ泊プランというのがあった。

この越生町というところ、本格ヒルクライムやポタリング、里山ライドまで、幅広く充実したコースが設定された「サイクリングパラダイス」らしい。

さて、2017年6月23日現在、同施設のHPや宿泊予約サイトをみると、このサイクリストプランは見当たらないのだが、電動自転車のレンタサイクル(無料!)というサービスを提供していた。

緑豊かな周辺の散策には、坂道でもラクラク進める文明の利器?は有難いかも。

なお、サイクリングには全然関係ないが、館内の「おごせ劇場」では、大衆演劇が催されている。

東京近郊で少々変わった?行楽を検討中の人はぜひ。。。

2017年06月23日加筆修正

予約・問い合わせは
ニューサンピア埼玉おごせ

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック