calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

【PR記事 高知県土佐市】 ついに「国民宿舎」に相部屋のドミトリーが出現!国民宿舎土佐は1泊2,700円から。

【PR記事 2016.11.10 高知県土佐市】
ついに「国民宿舎」に相部屋のドミトリーが出現!国民宿舎土佐は1泊2,700円から。


意外に知られていない?国民宿舎の世界。
国民宿舎。
昨今では、なんともカビ臭い、時代遅れな宿(失礼!)といったイメージだ。
かく言う自分も、国民宿舎に関しては、室戸岬で一度泊まっただけだが、施設・設備はさほど魅力的とは思えなかったし、食事も正直とくに美味いとは思えなかった。
しかしそれでも、景観が抜群に良かったりもするし、何よりも料金が安かったりもする。
あと、大食堂での夕食の際に気が付いたことだが、国民宿舎には年配層を中心とした「ファン層」が少なくないらしい。

国民宿舎「だけ」で日本中を渡り歩いているツワモノ?もいらっしゃった(笑)。
そんな中、ついに、というか、やはり、というか、男女別相部屋(ドミトリー)を設置した宿が登場した。

高知市から車で40分ほど、眼下に土佐湾を望む国民宿舎 土佐だ。



 

1泊2,700円の相部屋でも、絶景露天風呂には入れる。
国民宿舎でドミトリー?
どうもピンとこない組み合わせなのだが、宿泊予約サイトの宿側のコメントには「バックパッカーのオーナーが日本にもゲストハウスを、と作ってしまいました」とある。
「作ってしまいました」ということは、やはりこのカテゴリーの宿では突飛なことらしい(笑)。
まあ、その経緯はともかくとして、客室は見てのとおり、ユースホステルか一般のドミトリーとほぼ変わらない。
しかし、決定的に異なるのは、太平洋を一望できる絶景の露天風呂に入れるということ。また、当然別料金となるが、「それなりの」食事を取ることもできる。
つまり、リゾートホテルの中に「浮いたような?」ドミトリーがあるという状態だ。
是非、このギャップを楽しんでもらいたい(笑)。

2016年11月10日加筆修正

予約・問い合わせは
国民宿舎 土佐

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック