calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

【PR記事 新潟県見附市】 にっぽんの外国(22) 唐突過ぎて不気味?に美しい、イングリッシュガーデンホテル レアント。

【PR記事 2011.04.04 新潟県見附市】
にっぽんの外国(22) 唐突過ぎて不気味?に美しい、イングリッシュガーデンホテル レアント。


なんで、この場所にこんなホテルが???
新潟県見附市。
個性的で有名な市が多いこの県にあっては、珍しく?ほぼ無名の街と言ってよいだろう(失礼!)。
しかし、どういうわけか、この街にはどうにも気になってしょうがないホテルがある。

イングリッシュガーデンホテル レアントだ。
その名のとおり、英国風庭園に隣接した場所にあり、外観から内装まで、その全てが英国風のホテルだ(もどきかも知れないが)。
しかし、何ゆえこんな場所に英国風庭園があるのかが分からない(調べれば分かるのかも知れないが、不気味なままにしといた方がよかろう)。

しかも、その周囲は倉庫や工場らしき建物が並ぶ、およそホテルには似つかわしくない場所だ。



 

本格英国風?高級ホテル?なんだか分からない魅力。
では、その館内はどんなものか。

広い吹き抜けのホールがあり、置かれている調度品は、何れもシックで高級感のあるモノのように見える(これが英国風というものなのだろうか?)。

客室に関しても、これまたシックで落ち着いた、高級ホテルのようなしつらえに見える。
なお、設備・仕様については、「新潟県初の環境にやさしいオール電化のホテル」ということが特徴らしい。
宿泊料金は、シングルが1泊5,775円〜(2011年4月4日現在)。

高級ホテル?と思いこめば安いとも思える設定だが、その唐突で不気味?な美しさをよしとするならば、この料金設定はさらに安く感じられるかも知れない(笑)

予約・問い合わせは

イングリッシュガーデンホテル レアント

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック